スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





Everyday、カチューシャ

今日、昼食後、長男と室内プールの施設の横にある公園に遊びに行った。
昨日までは雨模様で、やや肌寒かったのが、今日はすっかり晴れ上がり、汗ばむような陽気だ。


プールからは有線放送のJ-POPが流れてくる。
なんだか韓流っぽい曲が終わって、次の曲のイントロが始まった。


ストリングスの切ないメロディーに「チャッチャカ、チャッチャカ」と馬の駆け音のようなリズムのパーカッションが乗り、そして重厚なオーケストラの演奏が始まった。


夏を感じる。

太陽が昨日より眩しく照りつけ始めたら
真っ白なTシャツに今すぐ着替えて君を誘いたい

散歩の足が止まる。

海沿いの(海沿いの)国道を(国道を)まだまだ空いてるバスに乗り
潮風を追いかけて誰よりも早く夏を探すんだ

(これはAKBの曲なのか?)
AKB48には特別興味がなく、今までのヒット曲も数曲のサビしか知らない。
しかし、直感的にAKBの新曲だとわかった。


ガールグループによるコーラスを生かしたいかにもアイドル的な曲調、Tシャツ、国道、などの80年代を思い起こさせるキーワードがおニャン子を髣髴とさせる。

サビにさしかかる

カチューシャ外しながら キミが不意に振り返って

早速携帯で「カチューシャ」で検索する。
『AKB48の新曲「Everyday、カチューシャ」がCD週間売上げ133万枚を突破し、歴代記録を塗り替えた』という記事が見つかった。

(ああ、なるほど。これがAKBか。)

切ないストリングスからの、夏が駆けてくるかのような足音、切なくも疾走感のあるメロディー、青春の甘酸っぱさ全開の歌詞。グッと来た。

帰宅してYoutubeでPVを視聴。
絶頂期のアイドルのみが持つ、神々しいまでの眩しさを放っている。
ちょうど10年ほど前のモーニング娘がこういう感じだった。


”AKBの曲だと知っていたが、聞いたらまあまあいい曲だった”というのと、”たまたま聞こえてきた曲に心を持っていかれ、それが偶然AKBだった”というのでは、心への刺さり方が違う。


この曲は、僕の夏のBGMのひとつになるかも知れない。

ちなみに「カチューシャ」というのは、髪飾りという意味であるが、日本以外では通用しない。
なんでも、昔ロシアのカチューシャという名前の人が、この形の髪飾りをつけていたのが由来であるそうだ。

posted by saiyajin 01:52comments(0)|-|





GOATBED

GOATBED
GOATBED

cali≠gariというバンドのボーカルだった石井秀仁ってひとのバンドらしいですが、吉川晃司のモニカをカバーしてるらしいってことで聞いてみました。
これがカッコいいです。
 
最近ピコピコした音楽をよく聞き、ブックオフに行くとPET SHOP BOYSのCDを漁ったりしているのですが、これはめっちゃピコピコしてます。HIDE(WITH SPREAD BEAVER)と電気グルーヴを足して2で割ったような感じというか。WINKっぽいというかユーロビートっぽい感じもあります。80年代の雰囲気がバリバリします。
 
久々にTMネットワークを聞きたくなりました。
 

  
posted by saiyajin 21:40comments(0)trackbacks(0)





OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS!II




OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS! 2

OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS! 2







ひさしぶりにパチで買ったので帰りにツタヤで購入。


渋谷AXでのライブを丸々収録。


音楽のパワーが、エネルギーが凝縮されたような2時間。


再生ボタンを押してから最後まで釘付け、鳥肌、感動。




posted by saiyajin 23:49comments(0)trackbacks(0)





アイスルココロ



CRAZEを知ったのは、その頃勤めていた会社の後輩に借りたBODYのCDがきっかけ。BODYはCRAZEの前身で、いきなり武道館ライブでデビュー後、即解散した伝説的なバンド。そのBODYの前身がD’ERLANGERで、これも伝説的なバンドだった。今でもたまに有線で、D’ERLANGERの名曲「LULLABY」が流れるときがある。


 


「アイスルココロ」は、CRAZEのギタリストである瀧川一郎が、某IT企業社長の前妻、奥菜恵とつき合っていると言われていた頃に発表された曲で、奥菜に捧げた曲だと言われていた。当時、毎朝TV埼玉でこのPVがかかっており、これを見終わってから出勤するのが日課だった。


自分的にも色々な事情で思い入れの深い曲である。


 


CRAZEはボーカルがころころ変わるのだが、この頃のボーカルは緒方豊和。この曲が収められた「ware ware,war」は名盤だ。CRAZEには他にもBODY時代からの代表曲「I LOVE YOU」等、ポップなラブソングの名曲が多数存在する。


ただし、その辺のアイドルバンドと違って、演奏技術は超一流である。


そんなCRAZEも先日「2006年1月9日SHIBUYA-AXでの公演をもって解散する」と発表した。


 


またバンドブーム黄金時代の灯が消えてゆく。



ware ware,war

ware ware,war









posted by saiyajin 02:25comments(0)trackbacks(0)





19901108




COMPLEX 19901108

COMPLEX 19901108



  • 出版社/メーカー: 東芝EMI

  • 発売日: 2005/09/14

  • メディア: DVD






15年前の今日、東京ドーム。吉川晃司、布袋寅泰のスーパーユニット、COMPLEXの解散LIVEが行われた。


19901108は、それを収めたCDのタイトル。


おそらく今迄に聴いた回数ベスト3に入るCDだ。


 


80年代を総決算する様な、バブル期を象徴する様な産業ロック。


オリジナルアルバムは2枚のみだが、どの曲も隙が無い。完成度の高さは後期BOφWYも超えているだろう。


「恋をとめないで」は今でも俺のフェイバリット・カラオケ・ソング。


独特なリフはギターの練習にもってこいだった。当時は寝ても覚めてもCOMPLEX漬けだった。


 


解散後、布袋はギタリズムへ、吉川は歌謡ロックを極めてゆく。


GUITARHYTHM IIは布袋のソロでは最高傑作だと思うが、COMPLEXがあったからこそ生まれた作品。


多彩な音楽性とギターセンスが詰め込まれた2枚組の力作である。


曲のインパクトはボーカルが7割と布袋自身も何かで語っていたと思うが、どうしても吉川のボーカルと比べると見劣りしてしまう。


 


その吉川はCOMPLEX解散後「せつなさを殺せない」「ジェラシーを微笑みに変えて」「KISSに撃たれて眠りたい」など最高の歌謡ロックを世に送り出してゆく。


当時CXの深夜番組「ROCK SHOW」(かとうれいこ司会)で披露した「せつなさを殺せない」を見て、あまりのカッコよさに痺れまくったのを覚えている。


 


その後はどちらかというと「スリル」等のヒットで布袋の方の活躍が目立っていたが、現在はどちらも今イチぱっとしない...。


しかしCOMPLEXは間違いなく、日本ロック史に残る金字塔である。



BEST BEST BEST 1989-1995

BEST BEST BEST 1989-1995









posted by saiyajin 01:04comments(0)trackbacks(0)





野狐禅/鈍色の青春




鈍色の青春     (CCCD)

鈍色の青春 (CCCD)







左のひとは中村俊輔では無い。ちなみに"やこぜん"と読む。かなり前にラジオで聴いてなんか気になっていた。TSUTAYAにあったので借りてみた。熱い熱いフォークミュージック。70年代の薫りが漂ってくるが、確かに彼らのメジャーデビュー曲「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」の歌詞に70年代フォークがルーツであるような記述がある。


全般的に劣等感にまみれた情けない詞。自虐的すぎてあまりリアルには感じないが、共感できてしまう。なぜなら自分も自虐的な方だから。



僕は今 お前の事を歌っているところ


これはお前への強烈な復讐心と強烈な感謝の気持ちが込められた行為なんだよ


僕は今 お前の事を歌っているところ


お前と再会しなくて済むようにマイクを通してでっかく


聞こえるか 絶望よ


(拝啓、絶望殿)



こいつらの曲を東尋坊で流せば自殺者が減るかも。


東京23区推奨オモイデ収集袋(通常盤)


2nd




posted by saiyajin 03:49comments(0)trackbacks(0)





JULIE


この間ラジオで久しぶりに沢田研二の「サムライ」を聴いた。


”ありがとう ジェニー お前はいい女だった..”


心に滲みた。


 


小学校低学年だった当時聴いたときは、”片手にピストル 心に花束..”というサビのフレーズの強烈な印象しか残ってなかったが、この曲の素晴らしさはAメロBメロにあったのだ。


 


子供の頃は歌詞の意味など理解しようとも思わなかった。TV画面の中で唄う姿しか印象に残らず、今聴いている曲がどういう意味を持っているのか、他の曲とどう違うのかなど考えた事が無かった。というか子供ながらに歌謡曲を軽く観ており、世間の風潮を真に受け、楽曲の良さはニューミュージックだろうと決めつけていたところがあった。当時ニューミュージックの人たちは歌手ではなくアーティストと呼ばれ、TVを拒否していた。自分もTVで聴ける曲かTVでは聴けない曲かで差別していたのだ。


 


今思うとそれは大きな間違いだったようだ。


当時の歌謡曲の作家の充実ぶりは相当なもので、クオリティーの高さは現在のJ-POPなんかとは比較にならない程高かったのだ。もちろん全てがそうとは言わないが、当時スーパースターだったジュリーには相当金がかかっていたと思われる。


 


そんなわけで少し前に復刻したらしいジュリーのアルバムを購入してみた。改めて聴くと強烈な個性と存在感あふれる艶のあるボーカル、楽曲の良さ。新鮮だった。


 


さすがに30年近く前の作品で演歌っぽいというかムード歌謡っぽい曲もあり、こぶしの効いた唄い回しに戸惑う部分もあるが、バラードありポップスありロックンロールありでバラエティに富んだ内容。バックも大野克夫、井上尭之、後藤次利、鈴木茂、羽田健太郎、ミッキー吉野、etc..豪華絢爛だ。演奏も当然熱い。再評価に値する楽曲群だ。


 


ここ最近ほとんどTVで姿を見かける事は無いが、沢田研二は今年もニューアルバムを出し、全国をツアーしている。








思いきり気障な人生

思いきり気障な人生










posted by saiyajin 09:32comments(0)trackbacks(0)





NOBODY



吉川晃司やアン・ルイスへの楽曲提供やCMソングで'80年代の歌謡曲シーンに多大な足跡を残したNOBODY。当時は小学生ながらに彼らのキャッチーなCMソングとともに画面の下の方に表示される「NOBODY」の文字に鮮烈な印象を受けた記憶がありますが、今になって聴いても彼らの楽曲のクオリティの高さに改めて感心します。


以前よりヤフオクで彼らの初期のCDを落とそうとするのですが、非常に人気が高く常に競り負けてしまいます。名盤と言われている"NIGHT WALKER"等は落札価格が7000円を超える事もあります。最近さらに人気が高くなってきているようです。


これほど人気が高いのだから復刻間近という気もしますが、彼らの事を知らない方はアンテナのほうからNOBODYのHPにアクセスしてみて下さい。今なら”DISCOGRAPHY”メニューよりNOBODYの全楽曲が試聴できるようです。


"DARLIN' DARLIN'","ディア・マイ・ハート","BACK TO '64"等がおすすめです。




posted by saiyajin 04:31comments(0)trackbacks(0)





その悲しい話もいずれは昔話だろう




4REST

4REST







10-FEETの新譜「4REST」(ASIN:B00092QRTC)を購入。メロディックかつエモーショナルなメロコア。ポジティブなメッセージに溢れている。


前作「Realife」もいいと思ったが,前作を軽く超えている。ざっと聴いた感じでは(3)(4)(7)(11)がいい。


俺の中ではHi-STANDARDの歴史的名盤「ANGRY FIST」に匹敵した。


spring man


1st


REALIFE


2nd




posted by saiyajin 01:09comments(0)trackbacks(0)





銀杏BOYZ




君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命







この間Amazonで購入したCDが届いた。そのうちの一枚。ジャンルは青春パンク。ジャケがかっこいいので載せてみた。これを聴いている中高生たちは「すすめ!!パイレーツ」知ってるのだろうか。(8)では元JUDY AND MARYのYUKIが参加。


DOOR


DOOR


同時発売




posted by saiyajin 22:39comments(0)trackbacks(0)