スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





広島カープ

今年の日本シリーズは、久しぶりにちゃんと見たプロ野球だった。プロ野球ってやっぱストレス溜まるわ。健康に悪い。
うーん、ジャクソン…
なんでやー!
posted by saiyajin 23:49comments(0)|-|





浪速乃闘拳


 
「勝者は亀田興毅」。親子鷹(だか)のボクシングストーリーは守られた。しかし後には疑問の声が渦巻いた。2日に横浜市であった世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦で、同級2位の亀田興毅選手(協栄)は、判定で世界チャンピオンに輝いた。リング上で子どものころから二人三脚で歩んできたトレーナーの父、史郎さんと抱き合い涙を流したが、判定は微妙だった。(日刊県民福井より)
 
日頃のビッグマウスが災いしたのか、ものすごいバッシングだが「言いたいヤツには言わせておけばええ」という開き直りの態度に逆に感心する。若干19歳であれだけ腹が据わってるのはたいしたモンだ。少なくとも器量は世界チャンピオンの資格十分だと思う。誰かが演出しているのかも知れないが、亀田の言葉、表情には説得力がある。
 
逆に便乗気味にバッシングしている小市民達はみっともない。ホームタウンディシジョンは格闘技の世界では珍しく無いし、これ以上バッシングしても何も変わらない。もはや外野がとやかく言う段階では無いのではないだろうか。
 
亀田はやがて次の試合に向けてまた練習を開始するだろう。彼は後ろを振り向かず前だけを見ているはずだ。次は凄い試合をして今度は世間を味方につけて欲しい。
 
posted by saiyajin 20:45comments(0)trackbacks(0)





セレソン


圧倒的な優勝候補といわれていたブラジルが実力を発揮しないままフランスに負けた。


優勝候補は優勝できないというジンクスは生きてた。


予選のときからアレッ?って思ってたけど、ふとっちょのロナウドが相変わらずのエースじゃ、意外にこれが実力だったのかも。


ロナウジーニョも今イチだ。ピークは過ぎたと言われているジダンやフィーゴのほうが頑張ってる。


アルゼンチンの王様といわれてるリケルメも、そんな特別な選手だとは思わなかった。


バラック、デコあたりは前評判通りいい働きだ。


ブッフォン、レーマンはたいしたキーパーだ。


ベケルマンはなんでメッシよりテベスの方を使ったのだろう。


クリスチアーノ・ロナウドは凄い選手だ。


クローゼもなんだかんだいって凄い。


メキシコのラファエル・マルケスはかっこよかった。 


残りあと4試合。


 


ドイツーイタリア


ポルトガルーフランス


 


予想


優勝 ドイツ


準優勝 ポルトガル


3位 イタリア


 




posted by saiyajin 23:15comments(0)trackbacks(0)





ブラジル4-1日本



わーい、玉田が一点取った〜!ってどうでもいいや。




posted by saiyajin 03:29comments(0)trackbacks(0)





クロアチア0-0日本



意外に引き分けでした。ゲーセンのテレビでパブリックビュー。もうどうでもいいや。




posted by saiyajin 01:13comments(0)trackbacks(0)





オーストラリア3-1日本


あー負けた負けた負けた!


中田も相変わらずインタビューで偉そうなコメントだなぁー、って


あんたもミス多かったよ!


柳沢もシュートだろってとこでパス。シュートしてもクリアか相手キーパーにパスって感じだけど。


攻められまくりでヨシカツが頑張ってたけど、最後は力尽きた。


結局決定力の差でしたね。あそこは小野より稲本の方がよかったんじゃねーかな?


今後の予想↓


クロアチア2-0日本


ブラジル4-0日本




posted by saiyajin 09:32comments(0)trackbacks(0)





ボビー



かつては弱小球団の代名詞だったロッテ。本日4連勝無敗で阪神タイガースを下し、ついに日本一になった。


ボビー・バレンタインが初めて采配を振るった95年当時、西武球場に何度かロッテの試合を観に行った記憶がある。


ロッテが敗戦濃厚になってくるとガラガラのスタンドからまばらに巻き起こる「八百長〜」というコールが印象的だった。当時の助っ人外人、フリオ・フランコ選手の打席のときの「オイ、オイ、フランコ、フランコ」というコールも忘れられない。いまは別のフランコ選手が活躍中だが、当時のコールが引き継がれている。


 


ロッテー阪神。少し前なら裏日本シリーズと呼ばれていたカードだが、今年の両チームは本当に強かった。特にロッテーソフトバンクのプレーオフは歴史的な名勝負だったと思う。


一方の阪神は、試合間隔が開いてしまったことで実戦感覚が戻らなかったのが敗因と言われているが、気の毒な結果になってしまった。日本シリーズはおまけのようなものと言ったものの、これでは真にフェアな勝負とは言い難い。


 


セ・リーグにもプレーオフを導入するべきだと思う。




posted by saiyajin 23:53comments(0)trackbacks(0)